So-net無料ブログ作成

国交政務官に献金1億 出身のJR西労組側(産経新聞)

 西日本旅客鉄道労働組合(JR西労組)OBの民主党衆院議員、三日月大造・国土交通政務官が、JR西労組側から6年間で1億円を超える献金を受けていたことが24日、産経新聞の調べで分かった。三日月氏は、民主党の小沢一郎幹事長を支持する議員集団「一新会」のメンバーとしても知られる。資金面でJR西側に依存する三日月氏が、JRを所管する国交省の政務三役という重要ポストに名を連ねている事実に、識者からは「中立性に疑問があり、癒着を疑われても仕方がない」との批判の声も出ている。

                   ◇

 政治資金収支報告書や滋賀県の公報によると、三日月氏の関連政治団体「総合交通政策研究会」と資金管理団体「キラリ会」は、三日月氏が初当選した平成15〜20年、政治団体「JRみかづき会」から、総額1億550万円の寄付を受領。三日月氏が代表の「民主党滋賀県第3区総支部」も、みかづき会から15年、8万5千円の寄付を受けた。

 みかづき会は、三日月氏の活動を支えるため、JR西労組側が組合員に賛同を呼びかけて発足。組合員の7割が会員で会費が主な収入源のため、三日月氏は初当選時からJR西労組側に資金面で依存していたことになる。三日月氏は夫妻で、JR西の株も保有する。

 研究会は20年7月、キラリ会に250万円寄付したと収支報告書に記載。だが、キラリ会は100万円しか記載しておらず、別の関連政治団体「三日月大造後援会」に、研究会からの150万円が記載されていた。

 キラリ会とみかづき会、後援会、3区総支部は所在地が同一。研究会は16年設立で、三日月氏の議員宿舎など所在地を毎年転々とし、政治資金規正法の改正で、国会議員の関連政治団体を「関係政治団体」として届け出て、公にしなければならなくなった届け出期限の20年12月31日に解散した。

 研究会は、三日月氏側とJR西労組側の間にワンクッションを置くための団体だったとみられ、キラリ会の記載漏れは、団体間の寄付が、実際は書面上だけの資金の動きだったことを裏付けるものともいえそうだ。

                   ◇

 ≪山内和夫・東海大教授(政治学)の話≫「三日月国交政務官は所管企業の出身者であり、中立性に疑問がある。癒着を疑われても仕方がないだろう。当該企業の労組側から、1億円もの巨額の資金援助を受けているとなれば、なおさらだ」

 ≪三日月事務所の話≫「JRみかづき会は、JR西労組の組合員やOBが個々人として会員になっており、労組から献金を受けている意識はない。献金による便宜供与も一切ない」

【関連記事】
三日月氏関連団体、脱税企業から事務所賃借
癒着疑われぬ努力必要 国道交通政務官側への献金
長女亡くした父、日記でたどる5年 JR脱線事故
遺族「扉が開いた」 JR西の歴代3社長が強制起訴
三菱自、パロマ… 増える企業トップの刑事訴追 JR西強制起訴
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「まんとくん」フレーム写真が人気 平城宮跡4万人近い来場(産経新聞)
<たちあがれ日本>基本政策に消費増税盛る(毎日新聞)
「密閉不十分で燃料漏れ引火」ベトナム機エンジン火災で運輸安全委(産経新聞)
<トミカ博>「40年の歴史」展示 大阪で開幕(毎日新聞)
無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)

<殺人未遂容疑>60歳が息子夫婦刺す 武蔵村山(毎日新聞)

 20日午後9時35分ごろ、東京都武蔵村山市伊奈平6の男性会社員(40)の妻(39)から「自宅で夫の父に刺された」と110番があった。警視庁東大和署が駆け付けたところ、男性と妻がいずれも腹を刺され重傷を負っていた。東大和署は室内にいた男性の父で近くの自営業、関野徹容疑者(60)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 東大和署によると、関野容疑者は折りたたみナイフを持参して男性の自宅に乗り込み、玄関にいた妻を襲った後、1階居間にいた男性を刺したという。調べに対して「刺したのは間違いない」と容疑を認めているという。【山本太一】

【関連ニュース】
強姦致傷:異例 さらに10年求刑 強殺未遂で懲役25年
石巻2人刺殺:17歳少年を逆送…仙台家裁決定
殺人未遂容疑:警官2人刺傷の男逮捕 長崎
殺人未遂容疑:女性切り付けた27歳女逮捕 東京・公園で
長崎警官重軽傷:容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配

有床診入基料の施設基準に係る届け出期限、26日まで延長―厚労省(医療介護CBニュース)
「法廷で真実話して」…歩道橋事故強制起訴(読売新聞)
<八幡浜漁協>女性職員が顧客定期7000万円分を無断解約(毎日新聞)
「舛添氏、政局に関係ない」=民主・渡部氏(時事通信)
通天閣ロボ 「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)

福岡の英会話学校米人、わいせつ容疑4度目逮捕(読売新聞)

 福岡県警は14日、教え子の女子中学生にわいせつな行為をしたとして、同県内で英会話学校を経営する米国人の男(70)を婦女暴行、児童福祉法違反(いん行)容疑で再逮捕した。

 男は、すでに教え子の女児3人に対する婦女暴行容疑などで3回逮捕されており、「すべて(性教育の)指導のためにやった」と供述しているという。

 発表によると、男は数年前、英会話の研修名目で女子を自宅に連れ込み、わいせつな行為を繰り返した疑い。「親には言うな」と口止めしており、女子は「先生なので抵抗できなかった」と話しているという。

 県警は男の自宅から約600本のビデオテープなどを押収。画像などの分析結果から、男が十数年前から女児ら約40人にわいせつ行為を繰り返していたことがわかっている。

 県警は、男が教え子の女児ら十数人の裸などをビデオカメラで撮影していたことを確認しており、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑で福岡地検に追送検する。

「痴漢は絶対に許さない! 」=警視総監らがチラシ配布−東京・新宿駅で出陣式(時事通信)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
奈良公園のシカに矢 撃った容疑2人逮捕(産経新聞)
サクラエビ 初水揚げ 駿河湾に春(毎日新聞)
日欧線は210便欠航=火山灰で−国交省(時事通信)

<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

 三重県桑名市長島町のテーマパーク「なばなの里」でチューリップ約120万本が満開になっている。今年は気温の低い日が続いたため見ごろの期間が長くなり、今月下旬まで楽しめるという。

【写真特集】東京・丸の内のオフィス街で8万本のチューリップ

 約4.3ヘクタールの「花ひろば」に約200種のチューリップが植えられている。赤や白など色とりどりの花が咲き誇る園内では、家族らが散策し、「華やかな春」を満喫していた。日没から午後9時まではライトアップされている。【沢木繁夫】

【関連ニュース】
【写真特集】春の美しい草花がいっぱい 毎日植物園
【特集】さくら前線北上中 全国のさくら情報満載
【写真特集】写真で見る各地のさくら便り
【写真特集】写真で見る花見今昔

放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
消費税率、11年度から上げ提言=「毎年2%」−持続的成長に不可欠・経団連(時事通信)
福知山線事故 JR西 脱線防止策進ちょく状況など報告(毎日新聞)
技術協力へ連携強化=温暖化対策で中国高官と会談−環境相(時事通信)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)

<新党>「たちあがれ日本」発足へ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)

 平沼赳夫元経済産業相(70)、与謝野馨元財務相(71)ら国会議員5人は10日午後、東京都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の旗揚げを宣言する。代表には平沼氏が就任。経済成長と財政再建を柱にした基本政策や党綱領を発表する。

 政党要件を満たす新党の発足は09年8月のみんなの党以来。今夏の参院選で民主党など与党を過半数割れに追い込むことを目指す。

 ほかに参加するのは園田博之前自民党幹事長代理(68)と、参院議員の藤井孝男元運輸相(67)、中川義雄元副内閣相(72)。与謝野、園田、藤井、中川の4氏はすでに自民党に離党届を提出している。会見には新党を支援する石原慎太郎都知事も同席する。

 これに先立ち、与謝野氏は10日午前、都内で記者団に「我々の真剣な気持ちを国民の皆さんに知っていただければ」と語った。【野原大輔】

【関連ニュース】
自民党:藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加
与謝野氏:新党8日にも旗揚げ 「私は応援団」と石原知事
自民党:藤井元運輸相が離党届 新党参加
参院選’10岐阜:離党の藤井氏「新体制で打倒民主」 /岐阜
ニュース交差点:政治 新党は「たちあがれ日本」

6大臣との面談実現せず「大変遺憾」―B型肝炎原告団(医療介護CBニュース)
職場でのがん検診、積極的には「実施していない」が61%(医療介護CBニュース)
東京都荒川区役所の駐車場をタイムズとして運営へ(レスポンス)
<春の交通安全運動>6日から15日 飲酒運転根絶など重点(毎日新聞)
特養の介護職員の医療行為「許容」で通知―厚労省(医療介護CBニュース)

警察庁長官「再発防止策の徹底をはかる」 足利検証(産経新聞)

 足利事件の捜査に関する検証結果について警察庁の安藤隆春長官は、1日の国家公安委員会後の記者会見で、「誤って犯人でない方が長期にわたって刑に服されたことは、遺憾であり、申し訳ないと述べたい。今回の報告でさまざまな問題点が明らかになった。それをふまえた再発防止策の徹底をはかり、二度とこのようなことが起きないようにすることが大事だ。DNA鑑定の信頼性が確保できるよう各道府県警を指導していく」と述べた。

【関連記事】
警察庁、裏付け不足 「DNA型鑑定を過大評価」
足利事件の影響 裁判所の証拠検討より慎重に
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現
「17年半はつらく苦しい毎日」菅家さんが陳述
菅家さん「謝って」 元検事、謝罪の言葉なし

日本側も安全確認=山崎さん搭乗シャトル−宇宙機構(時事通信)
規定ない“名誉顧問”に給与月50万円 立命館(産経新聞)
<上方漫才>「中川家」が大賞受賞 奨励賞は「笑い飯」に(毎日新聞)
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け−消費者庁(時事通信)
力士暴行死 時津風前親方に懲役5年 名古屋高裁は減刑(毎日新聞)

「道頓堀くくる」名物のタコ看板はオスだった!(産経新聞)

 大阪・道頓堀のたこ焼き店「道頓堀くくる」の名物のタコ看板が、口から墨に見立てた霧を噴射する装置が加わるなどリニューアルされ、26日、お披露目式が開かれた。

 新看板は高さ約3メートル、幅約4メートル。道頓堀を運航する遊覧船から乗船客がレーザー光線を当てると、音楽とともに口から霧を吐き、目から光線が出る仕組みになっている。

 新看板のタコはオスで、店の表にあるメスの看板は、中国・上海万博に出品される予定。たこ焼き店の運営会社は「道頓堀の新しい名物になってくれれば」と期待している。

【関連記事】
“世界一”のトイレやサラリーマンロボも登場、上海万博「日本産業館」
食べてや!亀田3兄弟コラボの「タコヤキバー」開店
七転八起「命あればこそ」 話題のたこ焼き屋さん
アレンジたこ焼きで新顧客獲得へ 酒場、家庭で大人気
「大たこ」ピンチ 大阪高裁が土地明け渡し命令

<食品事故>製造現場を互いに調査 日中両政府が合意へ(毎日新聞)
<茨城遺棄>遺体の身元判明 油で焼かれ切断(毎日新聞)
「党は崩壊寸前」 自民5議員、著書で世代交代要求(産経新聞)
【りこめんど】「セコムの食」の“食べリエ”猪口ゆみさん(産経新聞)
<警察庁長官狙撃>延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。