So-net無料ブログ作成
検索選択

<宇宙ヨット>「イカロス」帆を広げる…金星に向かって飛行(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、燃料なしに太陽の光の圧力を受けて飛行する宇宙ヨット「イカロス」が帆を広げることに成功したと発表した。現在、地球から約800万キロ離れた宇宙を金星に向かって飛行している。地球周辺以外で世界初めてとなる宇宙ヨットの航海が本格的に始まった。

 イカロスは5月21日、金星探査機「あかつき」と一緒にH2Aロケットで打ち上げられた。帆は14メートル四方で、髪の毛の太さの10分の1という極薄の樹脂製。1円玉の5分の1の重さに当たる光の圧力を受けて進む。

 帆は、打ち上げ時に直径1.6メートルの円筒状の本体に収められていた。今月3日から地上からの無線の指示で展開作業が始まり、10日にすべて完了した。慎重に確認を繰り返し、計画より6日遅れとなったが、今のところトラブルはないという。

 広げた帆を本体から撮影した画像も公開された。今後、本体からカメラを切り離し、帆全体を撮影する。開発に当たってきた森治JAXA助教は「いよいよ航海が始まる。向きを変えたり、さまざまな観測や実験に挑みたい」と話す。【山田大輔】

【関連ニュース
金星探査機:あかつきが地球撮影 25万キロから鮮明画像
金星探査機:あかつきが撮影「去りゆく地球」
金星探査機:金星探る日本初の探査機「あかつき」 宇宙ヨット「イカロス」飛行も実証
金星探査機:あかつき、去りゆく地球パチリ
話題:子供たちに「金星の謎」講義 北大開発の観測装置で解明へ

4ホテルがブイヤベースで競演!“千産千消”推進(産経新聞)
付属池田小殺傷事件 8児童の冥福祈る式典 発生から9年(毎日新聞)
菅首相、就任6日でスピードお国入り 生まれ故郷の山口・宇部(産経新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
宮城県警、廃品業者を家宅捜索=回収で高額請求、消費者庁も立ち入り(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。